薄毛との闘いの日々

検査と治療の費用

薄毛治療のためにクリニックを利用している女性が多くなっているそうです。治療といっても薄毛は命に関わるような病気ではないため、どんなクリニックでも保険適用外の治療になります。 女性がクリニックを受診すると最初に精密検査があります。希望をすれば女性ホルモンの検査が約4千円、甲状腺の検査が約6千円で受けられます。さらに頭皮専門の医師による問診や触診などがあります。検査費用はカウンセリング料(相談料)と合わせて約5千円〜1万円です。 そして頭皮の状態にあった治療を施すことになりますが、治療内容により医療費が違います。一般的には飲む育毛剤のパントガールが処方されます。パントガールは一か月分約8千円ぐらいです。

昔からあった薄毛との闘い

女性の薄毛が多くなっていると言われていますが、男性の薄毛のほうが深刻で遥かに深い戦いの歴史があります。 もっとも古い記録だと、古代エジプトで世界で最初に薄毛治療のために育毛剤が使用されたと言われています。育毛剤といっても今のように科学的な根拠に基づいて作られた物ではなく、ワニやカバ、ライオン、ネコ、ヘビなどの動物から摂った悪臭のある脂を軟膏状にして頭皮に塗ってたそうです。 ギリシャの医師ヒポクラテスも薄毛に悩む男性の一人でした。彼は鳩の糞やヤギの尿などを使って薄毛治療を試みたと言われています。 古代に生きていた人達は自然界にあるものや民間療法を頼って、試行錯誤をしながら薄毛を治そうと必死だったようです。