安易に選ばない

白髪は見た目年齢を左右します。白髪があるだけで実年齢より老けてみられたりします。最近では10代や20代でも白髪が生えてくる人が多く、老若男女問わず深刻な悩みとなっています。若年層の場合、白髪の原因となるのは遺伝によるものという見解がなされていますが、加齢に伴った白髪の場合は、髪を漂白してしまう過酸化水素の蓄積や成長ホルモンの分泌量が低下することで引き起こされると考えられています。また、白髪は日常生活で受けるストレスも要因になると言われています。ストレスは血管を萎縮させるため、メラニン生成に重要なチロシンの輸送やメラノサイトの機能にも悪い影響を与えてしまいます。よって、ストレスを受け続けることで白髪が少しずつ増えることが予想されます。

白髪の対策として行われているのが白髪染めです。定期的に美容室へ通っている人はプロの美容師さんにお願いすることができますし、市販のものを使えば自宅でも簡単に白髪染めを行うことができます。しかし、白髪染めを行う場合、気をつけなければいけないことがあります。それはアレルギー反応です。人間は誰でもアレルギーに対する免疫力や抵抗力を持っています。しかし、これが過剰に反応を起こしてしまうことで自分自身を傷つけることがあります。白髪染めは酸化染毛剤と呼ばれますが、これは特定の原料を酸化させることにより染料を変えるタイプのことを指します。このタイプの白髪染めは、一度の使用で内部にまで浸透するため、髪質を問わず発色が可能になります。こうしたメリットを有している白髪染めですが、酸化染毛剤にはアレルギー反応を起こす成分が含まれており、肌に合わない人が使用すると皮膚トラブルなどを引き起こす可能性があります。アレルギー体質の人は、使用する前に医療機関に相談するなどの注意が必要です。